転勤族妻の働き方についてのメリットデメリット

a7e82d2c84a5db5849c6f6c0c02ff5c4_s

転勤族妻の働き方には色々な種類がありますが、夫の転勤に合わせて仕事を変えていく必要がありますので、それぞれの仕事の形態によりメリットやデメリットが存在します。

転勤族の妻が働き方について正社員、派遣社員、パートやアルバイト、在宅ワーク、自営業の5つの仕事についてのメリット、デメリットをまとめてみました。

 

7ca81096a5d6890fca0629997f12f049_s

  • 正社員

メリット

安定した給料をもらうことができる、資格手当などがある、社会保険や住宅手当などが出ることもあり福利厚生がしっかりしていることが多い。

デメリット

夫の急な転勤時に仕事を辞めづらい、サービス残業もあり、休日出勤を命じられることも。

 

5d706586d68d85bf77b810f5a81bfa2d_s

  • 派遣社員

メリット

全国のエリアに対応している派遣会社なら登録してしっかり仕事をしている実績が残っていれば引越し先でも良い求人を紹介してもらいやすい、正社員に比べ辞めやすいので夫の転勤にも合わせやすい、ボーナスはありませんがフルタイムで働けば給料もそれなりに高い。

デメリット

期間が満了し更新されなかったら仕事を辞めざるを得ない、正社員と比べると仕事でのポジションも低い、ボーナスがない。

スポンサーリンク

3b5b50c5e44436f6389a7e1cb55f8a4d_s

  • パートやアルバイト

メリット

比較的に専門的なスキルが要ることもないので夫の転勤に合わせ仕事を変える必要がある転勤族妻にとっては仕事の働き口が見つかりやすい、自分の都合である程度仕事のシフトを決めれる、全国チェーンのお店で働けば仕事内容にも即戦力として対応できる。

デメリット

交通費が自己負担、給料が安い、スキルアップにはつながらない。

 

b9e22409d1094e3846c24bdd7546d6d1_s

  • 在宅ワーク

メリット

働く場所を選ばないので全国どこにいても仕事が出来る、家事の隙間時間を使って仕事も可能なので小さい子供がいる世帯にはとてもいい、嫌な上司と仕事するわけでもないので職場の人間関係の悩みがない。

デメリット

在宅と聞くだけでとりあえずなんか怪しく感じる、基本的に出来高なので収入が不安定、パソコンとネット環境が必ず必要。

 

0aa5b86e579c07ced418fd3f0ec1ec21_s

  • 自営業

メリット

事業に成功した場合の報酬が大きい、自分のペースで仕事ができる、お客さんが全国にできる。

デメリット

転勤族の妻なので業務内容はある程度限定される、店舗型のものはできない。

 

このように仕事の形態の違いだけでも転勤族妻の働き方というのは変わってきます。

子供ありなし、車ありなし等でも働ける仕事というのは変わってくるのではないでしょうか。

転勤族妻で仕事をしたいという人はとても多いので、自分に合った働き方を見つけていくことが大切です。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る